集合住宅オーナーの皆様へ

集合住宅オーナーの皆様に広い屋根の有効活用をご提案します。

 

電力買取制度について(容量による違い)

 

集合住宅での利用パターン ソーラーフロンティアの太陽光発電システムの特長
発電量シミュレーション 導入事例

 

 

お問い合わせ

 

 

 

集合住宅での利用パターン

太陽光発電システムを集合住宅に設置する場合には、いくつかの設置パターンがあります。また設置容量が10kw以上の場合には、買取方法を選択することもできます。それぞれに特徴がありますので、物件の状況や設置の目的にあわせてご検討ください。

 

 

全量買取 発電した電力すべてを売電(10kw以上)

 

 

発電した電力はそのまま電力会社が買い取ってくれます

発電した電力はそのまま全量電力会社が買い取ってくれます。

 

●発電した電気を全て20年間売電できます。
●売電でオーナー様の収益をサポートできます。


※10kw以上設置の場合、全量買取だけでなく余剰電力売電も選べます。

 

余剰買取 余った電力を売電

 

共用部の電力として供給

共用部で活用


発電した電力を共用部の電力として供給します。

余った電力は、売電する事ができ、オーナー様の口座へ振り込まれます。


●共用部分の電気代を削減できます。
●売電でオーナー様の収益をサポートできます。

 

オーナー様の居住部分で使用します

オーナー様宅で活用

 


発電した電力をオーナー様の居住部分で使用します。
余った電力は電力会社へ売電することができ、オーナー様の口座へ振り込まれます。
 

●オーナー様宅の電気代を削減できます。
●売電でオーナー様の収益をサポートできます。
 

 

各住居へ振り分け、各住居へ供給します

各住居で活用

 

発電した電力を各住居へ振り分け、各住居へ供給します。

余った電力は売電することができ、入居者の口座へ振り込まれます。
 

 

●入居者の電気代を削減できます。
●差別化・競争力が高まります。

 

 

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムの特長

実発電量

比べて納得

ご家庭で太陽光発電システムを利用する場合、天気や気温などの条件は日々異なり、実際の発電量も大きく変化します。本当に大切なのは「実発電量」です。

 

20年保証

比べて満足

保証開始日から20年という長期に渡って太陽電池モジュールの安定した出力を保証します。

 

信頼の証

比べて安心

ソーラーフロンティアのモジュールは全て、宮崎県・国富工場で製造。
その品質と長期耐久性は、世界的にも高い評価を受けています。

 

 

 

 

発電量シミュレーション

 

共用連携として設置した場合

全量配線で設置した場合

共用部連携として設置した場合 全量配線で設置した場合

 

 

※平成26年度 固定買取制度に定める1kWあたり37円(設置容量10kW未満の場合)、32円外税(設置容量10kW以上の場合)で売電を行った場合で試算。 ※発電量の計算には以下の5つの条件を使用しています。 ●日射量データ:(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/標準気象・日射データ(METPV-3)の日射量データ ●素子温度の上昇による損失 3~5月及び9~11月:15%、6~8月:20%、12~2月:10% ●パワーコンディショナ損失:5% ●その他の損失:5% ●光照射効果による発電量増:4% ※10年間で得られる金額、20年間で得られる金額については、初年度の年間売電額×年数を基に計算。モジュールの劣化等は考慮しておりません。 ※シミュレーション上の数値であり目安です。

 

発電量シミュレーション

 

 

導入事例

 

導入事例 滋賀県 彦根市 導入事例 愛知県 岡崎市
導入事例 滋賀県 甲賀市 導入事例 千葉県 八千代市

 

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせやカタログ請求など、お気軽にお問い合わせください。
ご質問の内容によっては、ご回答には数日要する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

お問い合わせ

 

 


ページトップ

 

CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE_ON

CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT_ON

CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS_ON