ニュース一覧 2012年

2012-12-04三井物産の4プロジェクトで約14MWのCISパネル受注

外部リンク_iconPDF版ダウンロード
2012124
報道関係各位
 ソーラーフロンティア株式会社
 
 
三井物産の4プロジェクトで約14MWCISパネル受注
山梨他の大規模太陽光発電所で、ソーラーフロンティア納入開始
 
 
 
【東京-2012124日】-ソーラーフロンティア株式会社(社長:亀田繁明 本社:東京都港区台場2-3-2、以下「ソーラーフロンティア」)は、三井物産株式会社(社長:飯島彰己、本社:東京都千代田区大手町1丁目21号、以下「三井物産」)などが日本各地で建設を進める計14.1メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)の設置に関して、計92,000枚のCIS薄膜太陽電池モジュールを受注しましたのでお知らせいたします。今回CIS薄膜太陽電池モジュールの設置が予定されているメガソーラーは、山梨県甲斐市と韮崎市に計画されている「やまなしメガソーラー(仮称)(計10.3メガワット)」を始めとする合計4か所となります。
 
 
三井物産などは90億円の投資額で、2013年度中に全国10か所でメガソーラーを稼働させる予定であり、今回設置されるプロジェクトはその一部です。ソーラーフロンティアは、上記以外のメガソーラー案件についても現在三井物産などと交渉をすすめています。一部のプロジェクトでは既に11月上旬からパネル納入を開始しており、山梨県内の2つのプロジェクトへの納入も順次開始する予定です。ソーラーフロンティアは、今回のプロジェクトに選ばれた理由を、CIS薄膜太陽電池モジュールの実発電量の多さが評価されたためと考えています。
 
 
ソーラーフロンティアが宮崎県の国富工場で生産するCIS薄膜太陽電池モジュールは、業界に先駆けて出力20年保証を提供するなど、安定した品質と性能を誇る日本製です。また、影や高温に強いことなどから実発電量が多く、高い経済性を期待できることも特長です。ソーラーフロンティアは、これからもエネルギーの地産地消に貢献するとともに、再生可能エネルギーの活用を通じてクリーンで安全なエネルギーの供給に努めてまいります。
 
以上
 
山梨県のメガソーラー概要

名称(仮称)
やまなしメガソーラー(甲斐)
やまなしメガソーラー(韮崎)
所在地
甲斐市菖蒲沢1700
韮崎市大草町下條西割1411-84
敷地面積
130,000㎡  
110,000㎡  
総出力
5,085kWp
5,256kWp
運営開始予定
20138
20141
使用モジュール
ソーラーフロンティア製 CIS薄膜太陽電池モジュール 約33,000枚 
ソーラーフロンティア製 CIS薄膜太陽電池モジュール 約34,000枚 

 
 
【ソーラーフロンティア株式会社について】
ソーラーフロンティア株式会社は昭和シェル石油株式会社(5002, T)の100%子会社であり、CIS 薄膜太陽電池の生産・販売を行っています。世界最大規模となる宮崎県の国富工場(年産能力900MW)は、2011 2 月より一部ラインで商業生産を開始した後、同年7 月に全てのラインで商業生産を開始し、フル生産体制に移行しました。ソーラーフロンティア株式会社が生産・販売するCIS 薄膜太陽電池は、銅、インジウム、セレンを使用して、当社の独自技術で生産する次世代太陽電池であり、経済効率が高く、環境に優しいことが特徴です。太陽電池の設置容量(kW)あたりの実発電量(kWh)が従来型のものに比較して高いだけでなく、原料からリサイクル処理まで高い環境意識で設計・生産されています。また、黒一色のデザインが評価され、内閣総理大臣表彰「第2 回ものづくり日本大賞」で優秀賞(製品・技術開発部門)、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2007 年グッドデザイン賞」では特別賞エコロジーデザイン賞を受賞しました。
 
 
 
 
報道関係からの問い合わせ先:
ソーラーフロンティア株式会社 ブランド&コミュニケーション部 中島・八宮 TEL: 03-5531-5792
 

CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE_ON

CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT_ON

CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS_ON