ニュース一覧 2016年

2016-08-09小学生49人が「ソーラーヘリコプター」作りに挑戦!

201689

報道関係各位

ソーラーフロンティア株式会社

 

小学生49人が「ソーラーヘリコプター」作りに挑戦!

ソーラーフロンティア国富工場で夏休みエネルギー教室を開催

 

【東京—2016089日】ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)は、201682 3日の2日間、世界最大級のCIS薄膜太陽電池工場である国富工場(宮崎県)で、地元の小学生を対象に夏休みエネルギー教室を開催しましたので、お知らせいたします。小学校高学年を中心とした参加者49人は、工場見学やソーラーヘリコプター作りを通して、太陽エネルギーについて学びました。

 

このプログラムは、ソーラーフロンティアが次世代育成支援・地域貢献の一環として、2012年より毎年夏に開催してきたもので、今年で5回目を迎えます。宮崎県は年間日照時間が長いことで知られ、太陽光発電システムの普及率も全国1[1] です。太陽光で動く工作やソーラーパネルの工場見学は、子どもたちの関心が高く、夏休みの自由研究としても人気です。

 

当日、子どもたちは国富工場の社員から、地球温暖化の問題や太陽光発電などの再生可能エネルギーが果たす役割について学んだ後、工場で実際にソーラーパネルが生産される様子を見学しました。工場では、ロボットが材料となるガラス基板を投入する工程などに、歓声があがりました。さらに1人ずつ木製のソーラーヘリコプターの組み立てを行い、太陽光を当てるとプロペラが回る仕組みを学びました。子どもたちからは、「工場は機械ばかりだけど、人はどこにいるの?」「結晶系とCIS系の違いは?」等の活発な質問があり、嬉しそうに作品を持ち帰る姿が見られました。

 

ソーラーフロンティアは今後とも、地域社会やパートナー企業の皆さまとの協業を通じて、太陽による快適でクリーンな暮らしをすべての人にご提供してまいります。

以上

※1 平成26年全国消費実態調査 主要耐久消費財に関する結果の公表

uyuni2 uyuni1
ソーラーヘリコプターを工作する様子 工場見学の様子

 【ソーラーフロンティア株式会社について】

ソーラーフロンティア株式会社は、昭和シェル石油株式会社(5002, T)の100%子会社で、世界最大のCIS薄膜太陽電池のソリューション企業です。当社が生産・販売するCIS薄膜太陽電池は、実際の設置環境における経済性および環境特性の高さが特徴で、これまでに住宅用・産業用の両面において革新的かつプロフェッショナルなソリューションをご提供してきました。ソーラーフロンティアは、太陽による快適でクリーンな暮らしをすべての人にお届けします。企業情報や最新ニュースの詳細は、当社公式のホームページ Facebook Twitter をご覧ください。

  

報道関係からの問い合わせ先:

ソーラーフロンティア株式会社 コーポレートコミュニケーション部

吉田 ・八宮  TEL: 03-5531-5792

 

CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE_ON

CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT_ON

CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS_ON