ニュース一覧 2016年

2016-10-11ソーラーフロンティア、累計出荷量4GWを達成 出荷地域は11ヶ国増加し、計約60ヶ国に

20161011

報道関係各位

ソーラーフロンティア株式会社

 

 

 

 

 

ソーラーフロンティア、累計出荷量4GWを達成

出荷地域は11ヶ国増加し、計約60ヶ国に

 

国富工場では出力175Wのソーラーパネルを主力商品として生産開始

 

ソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池の出荷国

Map

【東京―20161011日】ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)は、CIS薄膜太陽電池の累計出荷量が4GW(出荷地域で約60ヶ国)となったことをお知らせします。直近の約1年間で出荷した1GWの出荷地域には、北欧のノルウェー、アフリカのソマリア、アジアのモンゴルといった初出荷先の11ヶ国が含まれます。

 

この成果は、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池が誇る、高温や影に強く実際の設置環境下における優れた発電能力や、メイド・イン・ジャパン品質に対する国内外のお客様からの信頼の証です。さらに、保守・管理サービスや、安心の長期保証にも高い評価をいただいています。

 

また、この出荷を支えてきた国富工場(公称年産能力:900MW) は、2011年に商業生産を開始した後、順調に稼働し、現在では当初の設計を上回る生産を実現しています。同時に、製品の性能向上にも継続して取り組んできましたが、今月より出力175WCIS薄膜太陽電池を主力商品として生産開始します。

 

201611月にモロッコで行われる第22回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP22)や、パリ協定の発効を控え、世界的な気候変動への取り組みが一層注目されています。ソーラーフロンティアは、CIS薄膜太陽電池を世界各地にお届けすることで、地球温暖化対策に貢献してまいります。                                                                                                           

以上

 

【ソーラーフロンティア株式会社について】

ソーラーフロンティア株式会社は、昭和シェル石油株式会社(5002, T)の100%子会社で、世界最大のCIS薄膜太陽電池のソリューション企業です。当社が生産・販売するCIS薄膜太陽電池は、実際の設置環境における経済性および環境特性の高さが特徴で、これまでに住宅用・産業用の両面において革新的かつプロフェッショナルなソリューションをご提供してきました。ソーラーフロンティアは、太陽による快適でクリーンな暮らしをすべての人にお届けします。企業情報や最新ニュースの詳細は、当社公式のホームページ Facebook Twitter をご覧ください。

  

corpvideo

最新のコーポレートビデオ も併せてご覧ください。

                      

※当社は、累計出荷量4GW、出荷地域約60カ国を20169月に達成しました。この数値は、コーポレートビデオ制作時には未達成であったため、コーポレートビデオでは「累計出荷量3GW超、出荷地域50カ国以上」としてご紹介しています。 

 

報道関係からの問い合わせ先:

ソーラーフロンティア株式会社 コーポレートコミュニケーション部

吉田 ・八宮  TEL: 03-5531-5792

 

CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE_ON

CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT_ON

CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS_ON