ニュース一覧 2017年

2017-05-09ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池、タイでシェルグループ本部ビルに設置

2017年5月9日

報道関係各位

ソーラーフロンティア株式会社

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池、
タイでシェルグループ本部ビルに設置

タイ王国でシェルグループ本部ビルに搭載されたソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池

タイ王国でシェルグループ本部ビルに搭載されたソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池

(動画をご覧ください)

【東京—2017年5月9日】 - ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)は、タイ王国においてシェルグループの本部ビルに、CIS薄膜太陽電池を合計119.68kW設置しました。施工は、現地の太陽光発電EPC専門会社であるエナジープロコーポレーションが担当しました。

設置場所は、タイ王国バンコクにある「シェルハウス」本部ビル2棟の屋根上です。年間の予想発電量は179,479kWhで、発電された電力はすべて自家消費されます。初年度に104トン相当の二酸化炭素削減効果を見込んでいます。

タイ王国におけるシェルグループの代表者であるAsada Harinsuit氏は、次のように述べています。「シェルグループは、2016年にタイ王国でシェルグループのサービスステーション2カ所の屋根に太陽電池を設置しましたが、今回の取り組みはこのプログラムに続くものです。当社は組織を挙げて二酸化炭素排出量を削減するとともに、タイの再生可能エネルギーの導入目標に貢献しようと努めています。」

ソーラーフロンティア執行役員の黒田雄一は次のように述べています。「当社のCIS薄膜太陽電池がタイのシェルグループ本部ビルに採用されたことを嬉しく思います。ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は、実際の設置環境下における発電性能が高いことが特長です。年間を通じて信頼性の高いエネルギーソリューションを提供し、二酸化炭素排出量の削減を実現します。」

ソーラーフロンティアは今後も、太陽による快適でクリーンな暮らしを世界中のお客様にお届けしてまいります。

以上

【ソーラーフロンティア株式会社について】
ソーラーフロンティア株式会社は、昭和シェル石油株式会社(5002, T)の100%子会社で、世界最大級のCIS薄膜太陽電池メーカーです。当社が生産・販売するCIS薄膜太陽電池は、高温や影に強く発電量が多いことや、景観を損なわない美しいデザインが特長です。加えて100%国内生産の品質や20年保証を含む安心のアフターサービスが評価され、大手ハウスメーカー様による新築住宅への採用をはじめ住宅用・産業用など幅広い用途で採用いただいています。当社はCIS技術の特性を生かした価値創造を通じて、太陽による快適でクリーンな暮らしをすべての人にお届けします。企業情報や最新ニュースの詳細は、当社公式の ホームページコーポレートビデオFacebookTwitterをご覧ください。

報道関係からの問い合わせ先:
ソーラーフロンティア株式会社 コーポレート管理部 広報チーム
吉田 ・八宮 TEL: 03-5531-5792

CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE_ON

CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT_ON

CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS_ON