ニュース一覧 2019年

2019-03-14新出光とソーラーフロンティア、太陽光発電システムの初期費用ゼロ設置モデルで協働

2019年3月14日

報道関係各位

株式会社新出光

ソーラーフロンティア株式会社

新出光とソーラーフロンティア、
太陽光発電システムの初期費用ゼロ設置モデルで協働

-最適化されたモニタリングシステムにより、完全自家消費も可能に-

株式会社新出光(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:出光泰典、以下新出光)とソーラーフロンティア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野敦彦、以下ソーラーフロンティア)は、新出光が展開する太陽光発電システムの初期費用ゼロ設置モデル『SFPVシステム』で協働を開始しました。

このたび、『SFPVシステム』の第1号案件として、ネクサス株式会社(本社:熊本県玉名郡、代表取締役社長:平澤純一、以下ネクサス)の2つの工場(成型工場・マグネシウム工場)に、新出光とソーラーフロンティアが協働して太陽光発電システム(計:128.7kW)を設置し、ネクサスへの太陽光発電による電力供給を2019年1月にスタートしています。

『SFPVシステム』は、顧客が太陽光発電システムの設置に係る初期費用や太陽光発電システムのリース料といった固定費用を負担することなく、電力消費量に応じた「電力使用料」を支払うことにより、太陽光発電で得られた電力を優先的に使用することができる点が特長です。また、太陽光発電システムに搭載され、計量法に則ったモニタリングシステムによって、顧客の電力使用実態や省エネ努力に応じた発電量の調整を行うことができ、完全自家消費も可能にします。

ソーラーフロンティアは、上記第1号案件に対して、実発電量が高いソーラーフロンティア製のCIS薄膜太陽電池の供給と、太陽光発電の電力マネジメント向けに最適化されたモニタリングシステムの導入により、信頼性が高く経済性に優れた発電所構築に貢献しています。

新出光とソーラーフロンティアは双方の強みを活かしながら、自家消費と系統の活用を含む「需給一体型」の再エネ活用モデルとしての『SFPVシステム』の展開において、協働を強化してまいります。

【設置案件の概要】

ネクサス㈱ 成型工場(AC99.0kW)
(熊本県玉名郡)
ネクサス㈱ マグネシウム工場(AC29.7kW)
(熊本県玉名郡)
ネクサス㈱ 成型工場(AC99.0kW)(熊本県玉名郡) ネクサス㈱ マグネシウム工場(AC29.7kW)(熊本県玉名郡)

【株式会社新出光について】
株式会社新出光は、全国363ヶ所のサービスステーション(SS)をはじめ、イデックスグループ16社を擁するエネルギー・自動車関連事業を中軸とした企業です。時代環境の変化を受け、主力の石油事業を維持しながら非石油事業の拡大を図っています。特に、太陽光発電事業では、住宅用・産業用の施工会社をグループに迎え、販売から施工・メンテナンスまでの一貫体制を整備。メガソーラー発電事業や分譲ソーラー事業へも参入しています。この2019年3月に創業93周年を迎えます。

【ソーラーフロンティア株式会社について】
ソーラーフロンティア株式会社は、昭和シェル石油株式会社(5002, T)の100%子会社で、世界最大級のCIS薄膜太陽電池メーカーです。当社はCIS技術の特性を生かした価値創造を通じて、太陽による快適でクリーンな暮らしをすべての人にお届けします。なお、当社は「環境省認定・RE100アドバイザー企業」にも登録されています。事業者情報や最新ニュースの詳細は、当社公式のホームページコーポレートビデオFacebookTwitterをご覧ください。

以上

報道関係からの問い合わせ先:

株式会社新出光 広報担当
樋渡(ひわたし)・大塚 TEL: 092-291-4134

ソーラーフロンティア株式会社 コーポレート管理部 広報チーム
吉田・片倉 TEL: 03-5531-5792

CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE CO_JP_IMG_BANNER_NESTIMATE_ON

CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT CO_JP_IMG_BANNER_CONTACT_ON

CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS CO_JP_IMG_BANNER_DEALERS_ON