1. 住宅用トップ
  2. ソーラーフロンティアの特長
  3. ソーラーフロンティアについて
  • ツイート
  • シェア

ソーラーフロンティアについて

約40年の研究実績を持つプロフェッショナル

ソーラーフロンティアが太陽電池の研究を開始したのは1978年。1993年には国立のエネルギー研究開発機関NEDOからCIS研究を受託し、CIS太陽電池の事業化に成功しました。太陽電池の研究開始から約40年経った現在では、世界最大のCIS太陽電池メーカーに成長しました。

世界最先端の技術力

NEDOとは現在も共同研究を継続。一般的な太陽電池に比べ、性能向上の余地が大きいCIS太陽電池の研究開発を続けており、2015年には薄膜系太陽電池の世界記録となる変換効率22.3%を達成し、世界最先端技術のさらなる向上を目指しています。

安心の全品国内生産

ソーラーフロンティアの太陽電池は、すべて国内の自社工場で一貫生産。1枚1枚の出力確認だけではなく、第3者機関も含めた信頼性、耐久性の確認を行うなど、各製造工程での検査にクリアした製品のみを皆様へお届けしています。

1978年

昭和シェル石油(株)〔旧 昭和石油(株)〕が太陽電池の研究開発を開始

1993年

CIS技術に関する研究開発をNEDOより受託

1997年
2004年

シェルソーラージャパン(株)設立

2005年

CIS薄膜太陽電池の事業化を決定

2006年

昭和シェルソーラー(株)設立

2007年

宮崎第1工場の商業生産を開始

2009年
2010年

昭和シェルソーラー(株)からソーラーフロンティア(株)に社名変更
ドイツ、アメリカに海外販売法人を設立

2011年
2013年

累計1ギガワットのCIS薄膜太陽電池の出荷を達成

2014年

累計2ギガワットのCIS薄膜太陽電池の出荷を達成

2015年

累計3ギガワットのCIS薄膜太陽電池の出荷を達成

2016年
実は、知ってる人はえらんでる。
お客様インタビュー
  • ソーラーフロンティア公式Facebookページ
  • ソーラーフロンティア公式Twitter
ページトップへ