1. 住宅用トップ
  2. 製品情報
  3. 製品の環境情報
  • ツイート
  • シェア

製品の環境情報

1.化学物質の含有率情報

一般社団法人太陽光発電協会が定める「使用済太陽電池モジュールの適正処理に資する情報提供のガイドライン」に基づき、化学物質の含有状況を以下に示します。

1.1 対象モジュールの型式(xx、xxxは出力を表す数字が記載されます)

SFxxx-K、SFxxx-L、SFxxx-S、SFxxx-W、SFKxxx-S、SFLxx-C、SFLxxx-D、SFLxx-RT-C、SFRxxx-A

1.2 対象部位

①フレーム、②ネジ、③ケーブル、④ラミネート部(端子箱を含む、①・②・③以外部分)

1.3 含有率(各モジュール、各部位共通)

:基準値(0.1wt%)未満
カドミウム :基準値(0.1wt%)未満
ヒ素 :基準値(0.1wt%)未満
セレン :基準値(0.1wt%)未満

対象物質や基準値については、上記ガイドラインをご参照ください。

弊社太陽電池モジュールはセルの成分としてセレンを含有しておりますが、セレンの含有率は、基準値未満です。

2.セレンの溶出試験結果

産業廃棄物の埋立処分の判断基準として一般的に用いられる溶出試験における試験結果を以下に示します。法令上、太陽電池モジュールに適用される基準ではありませんが、「環告13号試験」を判定基準として準用しています。

試験方法:環告13号試験
(昭和48年環境庁告示第13号 産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法)

検体:セレン(Se)

試験機関 試験結果(mg/L) サンプル数 基準(mg/L)
A 0.005未満~0.076 6 0.3
B 0.01未満~0.02 6 0.3
C 0.01~0.13 6 0.3
D 0.21 1 0.3

弊社では、上記試験を複数の試験機関で実施し、太陽電池モジュールのセレンの溶出量が、基準以下であることを確認しています。

3.情報提供窓口

個別機種のWDS(Waste Data Sheet)等のご提供については、お客様サービスセンター
(電話 0120-55-8983)にご依頼ください。

4.関連ニュース

「実発電量」が高いCIS太陽電池
実は、知ってる人はえらんでる。
  • ソーラーフロンティア公式Facebookページ
  • ソーラーフロンティア公式Twitter
ページトップへ