O様邸(栃木県鹿沼市)|太陽光発電ならソーラーフロンティア
  1. 住宅用トップ
  2. お客様の声
  3. お客様インタビュー
  4. O様邸(栃木県鹿沼市)
  • ツイート
  • シェア

O様邸(栃木県鹿沼市)

設置の理由はCIS太陽電池の発電効率の良さ。
予想以上の発電量で驚きました!

太陽光発電システム設置状況

全国一のさつきの産地、また、木工業の盛んな町として知られる栃木県鹿沼市。東は宇都宮、北は国際観光都市の日光に隣接しています。車なら東北道の鹿沼インターチェンジ、新幹線なら宇都宮駅が近く、交通アクセスも良好。豊かな自然、のどかな田園風景も多く残り、住みやすさでも知られる町です。そんな鹿沼市で出会ったのがO様ご一家。築10年の木造二階建て、素敵な芝生の庭が広がるご自宅で、旦那様、奥様、長女Kちゃん、長男Sくんと、愛犬のショコラが元気に迎えてくれました。

住宅メーカー勤務の旦那様。「自ら体験したうえで、お客様に勧めたい!」
仕事への熱意から太陽光発電をスタート。

とにかく研究熱心な旦那様。各メーカーの太陽光発電システムについて、発電効率やコスト、実際の発煙データ等を調べ上げて徹底比較。導入後の現在も、研究は継続中です。

O様ご一家が太陽光発電を始めたのは、大手住宅メーカーに勤めている旦那様の仕事が大きく関係しているそうです。旦那様は、お仕事を通じて、インテリアやエクステリア、そして太陽光発電システムに至るまで、家造りにまつわる様々な製品を、お客様の住宅の状況やライフスタイルに合わせて提案しているのだとか。何だかとっても素敵なお仕事ですね。 各メーカーの太陽光発電システムを比較・検討した上で、お客様にお勧めする機会も多いという旦那様。そんな家づくりのプロがご自宅のために選んだのが、ソーラーフロンティアだったのです。 「お客様に自信を持ってお勧めするために、まず自分できちんと商品を選び抜き、実際に私用しておきたい。それが私のポリシーなんです。今回の太陽光発電もそうだし、この家自体もそう。いつも妻を説得するのが大変ですけどね(笑)」 と、仕事への熱意が高じて、ご自宅に太陽光発電導入を決めたそうです。

「決め手は“発電効率の良さ!!”それと“影への強さ”“デザイン性”、
最後に“設置コストの割安感”ですね」

各メーカーの太陽光発電システムを熟知している旦那様がソーラーフロンティアを選んだ理由は、一体何だったのでしょうか。「最大の理由は、CIS太陽電池の発電効率の良さですね。従来の結晶シリコン系と比べて、光の感度が高く、幅広い光の成分を吸収します。あとは影に対する強さ。我が家の東側には高い植栽があって、屋根に少し影がかかりそうで心配だったのですが、CISはシリコン系と違って影の影響を受けにくいのが特長なんです。あ・・・、何だか一般ユーザーとは思えない返答ですみません。私自身も仕事でお客様に説明したりするものですから」旦那様の豊富な知識に、取材班も圧倒されかけていますが、説明はまだ続きます。「デザインの良さも気に入りました。シリコン系は青色ですが、CISは落ち着いた黒色。我が家の瓦屋根も黒色なので、やっぱり同色系が合うかなと。あとはなんと言ってもコスト。発電効率で選ぶと、ソーラーフロンティアともう1社が候補でしたが、そちらは設置費用が高くて・・・。妻を説得するためにも、性能に対して割安感のあるソーラーフロンティアに決めました」

キッチンはIHクッキングヒーター。「掃除も楽だし、火が出ないから安全」と、奥さまも安心して娘さんに料理を教えているそうです。

家族みんなで節電会議!!「太陽光発電とオール電化を活かしきる。」

みんなで節電会議!「太陽光発電をきっかけに家族のコミュニケーションがいっそう増えましたね」と、旦那様も嬉しそうです。

既にオール電化にしていたO様邸では、太陽光発電の導入を機に、電力会社との契約も「電化上手」(季節別時間帯別電灯)に変更しました。「せっかくの太陽光発電とオール電化ですから、メリットを活かしたい。今後は使う時間帯で電気料金が違いますから、家族みんなに仕組みを説明しました。いわば節電会議ですね」と旦那様。これに対し、奥さまは「最初は戸惑いました。だって、これまで自由に使ってきた電気なのに、色々を気をつかうようになりましたから。夫がけっこう細かいですしね(笑)。昼間は電気を使わないように気をつけたり、それとエコキュートも導入したのでお湯の量にも気を使う。正直、ちょっと不便でした。でも、結局は慣れちゃうもの。使いたい放題使っていた電気と水を少しずつ我慢して大切にする、それが“エコの第一歩”と思えるようになりました。子どもたちも協力的で、特に長男は毎日の発電量もよく気にしています。我が家の発電と節電は、男性陣がリードしていますよ」。

予想以上の発電量に大満足!
買取価格2倍の効果もあって、さっそく収支がプラス!!

肝心の発電量はどうでしょうか。「非常に良いです。設置して3ヶ月ですが、事前に予測して頂いたシミュレーション値と比べ、3月106%、4月108%、5月125%と、実際の発電量が上回っている状況です。3~4月は記録的な悪天候でしたが、予想以上の発電量で驚きました。これはソーラーフロンティアさん、控えめにしないで、シミュレーション値を修正した方が良いですよ(笑)」それでは、経済効果はどうでしょうか。「収支もすごく好調で、3ヶ月連続でプラスです。特に2009年11月から買取価格が2倍(1kWhあたり48円)になった効果は大きいですね。それと、これまでは暖房に灯油を使っていましたが、太陽光発電の導入を機に、深夜電力だけで賄える蓄熱暖房に替えたことも、大きなコストダウンになりました」元々は仕事に活かせればという思いから太陽光発電をスタートさせた旦那様ですが、すっかりご自身のこととして、嬉しそうに説明してくれます。「太陽光発電の費用は一般的に10年ほどで元が取れると聞いていましたが、このペースなら7~8年。私のお小遣いも上がるかもって期待しています」奥様も「お小遣いは知りませんが、7~8年後と言えば、子ども達にもお金がかかる時期。その頃に光熱費の心配もなく、黒字としてお金が入ってくると思うと、ちょっと嬉しいですね」と笑顔です。

「良いモノは広げたい。」ご実家のご両親も太陽光発電をスタート!

同じ鹿沼市内にあるご実家でもソーラーフロンティアが発電中!
(発電容量:4.42kW、太陽電池モジュール:85W×52枚)

「実は最近、実家の両親も太陽光発電を始めたんです。うちの様子を見て、自分たちもやると言ってきまして。もちろん、ソーラーフロンティアを勧めましたよ」ならばもそちらも取材を、と取材班はご実家へ急行。あいにくご両親はご旅行中で不在でしたが、旦那様が家の中へ案内してくれ、表示ユニットなども見せてくれました。「ほらみて下さい。旅行中でも勝手に発電して、どんどん売電してくれています。これって嬉しいですよね。最近は、“今日の発電量どう?”なんて、お互いの家の状況を報告し合ってますよ。両親にとっても生活の楽しみが増えたみたいで、良かったです。」鹿沼市で出会ったO様ご一家。二世代に渡る素敵な“さんさんライフ”は、始まったばかりです。
次のインタビュー K様邸 (京都府相楽郡) 「太陽光発電をソーラーを設置し、みんなの節電意識が変わった!」
はじめての太陽光発電
実は、知ってる人はえらんでる。
  • ソーラーフロンティア公式Facebookページ
  • ソーラーフロンティア公式Twitter
ページトップへ