1. 住宅用トップ
  2. お客様の声
  3. お客様インタビュー
  4. Y様邸(千葉県匝瑳市)
  • ツイート
  • シェア

Y様邸(千葉県匝瑳市)

北東向きの屋根でも全く問題を感じません。
自信をもってお勧めします!

太陽光発電システム設置状況

のどかな田園地帯と白砂青松の九十九里浜に面した千葉県匝瑳市。海洋性の温暖な気候で、東京に比べると夏涼しくて冬暖かい、過ごしやすい土地柄だそうです。そんな素敵な海辺の町へ、Y様ご一家を訪ねました。明るいご夫婦と可愛い姉妹が出迎えてくれました。

ガス会社勤務の旦那様。実はそれが太陽光発電を設置するきっかけでした。

2007年築のY様邸。モジュールの載っている屋根は北東向き。
■太陽電池モジュール:設置容量4.8kW
(80W×60枚)

九十九里浜まで歩いて1分というY様邸。新潟県出身のご主人ですが、東京で勤めた後、サーフィン好きが高じてこの地に移り住み、奥様と出会いました。当時は同じスポーツジムでそれぞれインストラクターをしており、2人でよく一緒に波にも乗ったそうです。

「最近はサーフィンする機会もかなり減りました。私は今ではガス会社に勤めていまして、実はそれが太陽光発電を設置するきっかけになったんです」

そう話すのはご主人。近年、仕事で太陽光発電を扱うようになり、“お客様にお勧めするなら、まずは自宅に”と考えたそうです。しかし、奥様は大反対でした。

「この人、お金使いがすごく荒いので、またか!って思ったんです」

ご主人曰く、決して荒くはないと、何やら言い分があるようですが、それはさておき、とにかく反対されました。「発電量のシミュレーションを少し多めに言ったりして説得しましたが、ダメでした(笑)。それならばと、家計と切り離した専用の銀行口座を作りました。振り込まれる売電収入だけで設置費用のローンを支払う口座です。これなら家計に影響しないし、私の口座ですから、プラス分は私のお小遣いになります(笑)」

妻の反対を押し切って設置。
発電量がとてもいいので、ほっとしています・・・。

お小遣いが欲しい、いや、仕事に生かしたいというご主人の意思が強く、2011年10月、なかば押し切る形で太陽発電が設置されました。しかし、ご主人には不安もあったそうです。

「ローンが月1万2600円なのに対し、売電収入はシミュレーションで月5000円程度の見込み。正直、元は取れないかもな、という気持ちでした」

ところが、結果は違ったそうです。

「1年経って、売電収入は一番高い8月で2万4千円、平均で月1万6800円です。ローンを払って毎月お釣りが貯まっています。わが家の屋根は北東向きですが、全く問題を感じません。海が近いので塩害も少し不安でしたが、設置後1年の定期点検で異常ゼロ。仕事でも自信を持ってお客様にお勧めしています」

奥様もこれで納得されたでしょうか?
「うーん、設置自体はもういいんですけど、でも今度はこの人、節電、節電って、かなり口うるさいんですよね(笑)」

ご主人は急に節電に目覚めたそうで、今では家庭内の節電を徹底しています。
「出かける時にブレーカーを落としたり、洗濯機を使う時間を限定したり、夏は緑のカーテンもやってます。エコだし、お小遣いが増えるし!(笑)。でも色々ありまして、この売電収益は今後家計に吸い取られることになりました…(涙)」


ご主人、奥様、長女のSちゃん(5歳)、次女のAちゃん(3歳)の4人暮らし。近所にある奥様のご実家では、ご両親が農業を営まれているそうです。
大きな窓から陽の光がたっぷり入る明るいリビング。夏には西日が射して暑いので、この窓の向こう側に立派な緑のカーテンが出現します。


庭の地面に何やら不自然な盛り上り。
「モグラの穴だよ」とAちゃん。


夏はアサガオのカーテン(写真左)、冬は鉄棒?(同右)。
この骨組みは奥様のご両親が手作りしてくれたそうです。スゴイですね!

次のインタビュー K様邸(神奈川県横浜市) 「ソーラーフロンティアは20年の出力保証。納得して設置できました。」
はじめての太陽光発電
実は、知ってる人はえらんでる。
  • ソーラーフロンティア公式Facebookページ
  • ソーラーフロンティア公式Twitter
ページトップへ