1. 住宅用トップ
  2. お客様の声
  3. お客様インタビュー
  4. M様邸(長野県在住)
  • ツイート
  • シェア

M様邸(長野県)

設置容量以上の発電量に満足。
とても快適なパッシブハウスが完成しました。

導入の決め手

震災の影響で送電網に依存しない暮らしがしたいと思い、究極のエコ住宅、パッシブハウスを建てました。エネルギー消費は普通のお家の10分の1程度。断熱性が高く、真冬でも薪ストーブを一度使えば、数日間は家の中を快適な温度に保てます。電気も太陽光で賄っていて、太陽光パネルはシリコンベースよりも発電量が大きく、コストパフォーマンスに優れたソーラーフロンティアを選びました。

導入効果

軽井沢は霧が多く、太陽光発電には向かないと言われていますが、そんなことはありません。 標高が高いので日差しが強く、日射時間は全国トップクラス。月によっては容量以上の発電があるぐらいです。平均で1.5万円、多い時で月3万円の売電収入があります。取り付けや点検作業は丁寧で、何度も足を運んでもらうなど、サービスにも満足しています。

変わったこと

ここに住んだら、もう他の家には住めません! 窓際でも室温は常に一定で、朝起きても快適。将来的には蓄電池を購入して、電力の自給自足の暮らしを送りたいと考えています。もし家を建てるなら南向きの屋根を大きく取って、太陽光発電の導入をおすすめします。これだけ利回りの良い投資は他にありません。

満足POINT

パッシブハウスの認定基準は非常に厳しく、軽井沢パッシブハウスは、日本トップクラスの省エネ性能だと言われています。CISの発電性能や意匠性が高く評価され、このお宅に採用いただきました。

  • ※パッシブハウスとは、ドイツパッシブハウス研究所が規定する性能認定基準を満たす省エネルギー住宅です。

設置容量:4.2kW

次のインタビュー N様邸(千葉県) 「知らない間にソーラーが稼いでくれます!」
はじめての太陽光発電
実は、知ってる人はえらんでる。
  • ソーラーフロンティア公式Facebookページ
  • ソーラーフロンティア公式Twitter
ページトップへ