Solacis neo の特長

フレームレスで実現した、薄さと美しさ。

「Solacis neo」の最大の特長は、ソーラーフロンティアの独自技術によって実現した約6.5mmという薄さ。従来品にくらべて約1/5、一般的なスマートフォンほどの薄さしかありません。

このスマートな形状をさらに引き立てるのが、CIS太陽光パネルの黒色素子が生み出す美しいブラックの色調と「Solacis neo」専用の工法が可能にした凹凸のないフラットな仕上がり。

薄さと美しさがひとつになることで、かつてなくデザイン性の高い太陽光パネルが完成しました。

世界最軽量のCIS薄膜太陽電池。

Solacis neo 10.2kg/m2 SFシリーズ 16.8kg/m2 1m2当たりの重量比較

薄さを追求したことで生まれた軽さ。「Solacis neo」はCIS薄膜太陽雷池で世界最軽量を実現しました。

SFシリ一ズにくらベて約40%も軽く、屋根や建物への負担も大幅に軽減しています。

※ガラス基板構造のCIS太陽電池において(当社調べ、2013年7月現在)

ソーラーフロンティアの特長を継承する、高い性能。

CIS太陽電池ならではの、優れた実発電量

「実発電量」とは、「実」の字が示す通り、実際に太陽光発電システムを設置した環境での発電量。

「変換効率」というのは、ある特定の条件下で、どれくらい発電するかを表しています。

ご家庭で太陽光発電を利用する場合、天気や気温などの条件は日々異なり、それに伴い実際の発電量も大きく変化します。つまり、本当に大切なのは「実発電量」なのです。

※実発電量は、お客様の設置環境によって異なります。

モジュール温度が75℃の場合、一般的な結晶系モジュールと比べ定格比で約5%出力低下を抑える。

高温時の出力ロスが少ない

「実発電量」を支える、CIS太陽電池の3つの特長。

真夏の晴天時、屋根上のモジュール温度は約60~80℃に達し、出力ロスが発生。

CIS太陽電池は、結晶シリコン系に比べて温度係数が小さいため、高温時の出力ロスを小さく抑えられます。

結晶シリコン系太陽電池モジュール

モジュールの中に、発電しないセルがあるとモジュール全体の出力が大きく低下。

CIS太陽電池モジュール

影により出力は一時低下するが、全体への影響は少ない。

部分的な影の影響が少ない

モジュールの一部に影ができると、結晶シリコン系の場合、モジュール全体の発電能力が大きく低下。

しかし、CIS太陽電池なら安定した発電能力を発揮できます。

CIS太陽電池特有の光照射効果

CIS太陽電池特有の光照射効果

太陽光に当てると実際の出力がアップ

CIS太陽電池は、太陽光に当たると初期値に対して出力が上がるという性質が暴露試験の結果で得られています。

充実の保証制度と、優れた耐久性。

安心して、長くお使いいただくためにモジュール出力20年保証を標準で装備。

さらに、周辺機器もセット購入で10年間保証しています。

保証
内容

太陽電池モジュール出力20年保証

太陽電池モジュールの出力が公称最大出力の公差範囲内の最小許容値 (公称最大出力の95%)に対して10年で10%以上低下した場合、または、20年で20%以上低下した場合、太陽電池モジュールの追加、修理または交換を行います。 (2014年2月現在)

周辺機器10年保証

パワーコンディショナ、接続箱、昇圧ユニットに不具合が生じた場合、当該機器の修理または交換を行います。ただし、当社所定の住宅用太陽光発電システム機器としてセットでお買い求めいただいたお客様に限ります。

  • ※設置後1・5・9年の定期点検を受けていただくことが条件になります。 
  • *フロンティアモニターホームサーバーは2年保証、フロンティアディスプレイは1年保証、集電ケーブル、架台は保証対象外になります。
  • *周辺機器の保証期間終了後、太陽電池モジュールの保証期間残存中において、周辺機器に故障が生じた場合には、お客様のご負担で周辺機器の交換・修理を行っていただきます。
耐久
試験

降雹試験

実際の雹をモジュールの多数の指定位置に発射し、モジュールの衝撃強度を確認しています。

降雹試験の様子

環境試験

使用環境より厳しい条件で試験を行い、長期にわたり製品性能が維持されることを確認しています。

環境試験機郡

Made in Japanの信頼の品質。

ソーラーフロンティアのモジュールは全て、宮崎県で製造。

世界最大のスケールで、Made in Japanをお客様の元へお届けしています。

その品質と長期耐久性は、世界的にも高い評価を受けています。

ページトップ

無料お見積もりはこちらから

製品情報・紹介ムービー

製品紹介ムービー

「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」は、ソーラーフロンティアが開発した最先端 CIS 技術を駆使した薄型軽量モジュールで、スマートフォン並みの厚さ約 6.5mm という圧倒的な薄さや、約 8.0 kg という従来よりも 40% 減の軽さを実現しています。また、ねじれに強いCIS技術により可能となったフレームレスな形状のデザイン性の高さと屋根へのフィット感が特長です。

製品情報

  • 製品型番: SFR100-A
  • 重量: 8.0kg/枚
  • サイズ: L1231mm x W638mm
  • 厚さ: 6.5mm
  • 公称最大出力: 100W

詳しくはこちら

※ JISが規定するAM1.5、放射照度1,000W/㎡、
モジュール温度25℃での値です。

ページトップ

無料お見積もりはこちらから

設置方法

新工法「クロスワン工法(neo)」が生みだす究極の美しさ

フレームと架台を一体にし、モジュール面を最大限フラットにする、
ソーラーフロンティア独自の「クロスワン工法(neo)」。

シンプルさを極めたこの工法で、黒一色のすっきりと美しい外観を実現しました。

安心を支える、高度な技術。

「クロスワン工法(neo)」は、太陽光パネルを長く安心してお使い頂くために、様々な技術を結集させています。

垂木固定方式※1

設置強度で最も重要となるモジュールを設置するための金具と屋根との接合部分は、建物の骨組みとなる垂木に金具を固定する方法を用いるので、安心です。

インサーション方式
   +
固定金具の削減

インサーション(挿入)方式と、効率のよい固定金具の配置を採用し金具点数を削減。

金具取り付け工事による屋根への負担を低減するだけでなく、工期の短縮も実現しています。

4重防水※2

固定金具の防水処理は、ねじ穴シーリング、金具防水シート、防水ねじワッシャー、外部シーリング処理の4重防水処理を採用し、信頼性を高めています。

また、固定金具の周りには、耐候性・耐熱性に優れるシリコン系シーリング材を使用しているので様々な環境下でも対応でき安心です。

資格保持者が
お客様をしっかりサポート
※3

ソーラーフロンティアが認定した幅広い知識や高い技術を持った資格保持者である営業・販売のエキスパート「ホームエネルギーコンサルタント」と施工のエキスパート「施工監理士」「施工従事者」がお客様をしっかりサポート致します。

  • ※1 瓦屋根、スレート屋根、金属横葺きの場合
  • ※2 スレート屋根の場合
  • ※3 実際の施工現場では落下防止のため安全帯等の着用が義務付けられています。本写真は模擬屋根を使用した施工研修のため、安全帯は使用しておりません。

ページトップ

無料お見積もりはこちらから

導入事例

さまざまな屋根にフィットする「Solacis neo」

薄さと軽さと美しさが一枚のパネルに融合した「Solacis neo」。
SFシリ一ズとくらべてサイズも小さく、さまざまな形状の屋根に無駄なくフィット。

高い意匠性はもちろんのこと、屋根にもやさしいパネルです。「Solacis neo」が日本の屋根を美しく変えていきます。

切妻屋根 / 神奈川県

設置容量:2.8kw

切妻屋根 / 静岡県

設置容量:5.7kw

切妻屋根 / 愛知県

設置容量:4.0kw

切妻屋根 / 宮崎県

設置容量:4.5kw

寄棟根 / 愛知県

設置容量:5.1kw

寄棟屋根 / 愛媛県

設置容量:4.9kw

片流れ屋根 / 埼玉県

設置容量:5.6kw

ページトップ

無料お見積もりはこちらから

その他 関連ニュース

ページトップ