私たちについて
法人のお客様
個人のお客様
製品情報
企業情報
お問い合わせ

Q&A
よくある質問

Top

よくある質問

個人のお客様

法人のお客様

その他

発電について

Q

影の影響ってどれくらいあるの?

A

ソーラーフロンティア製のCIS太陽電池なら、一般的な太陽電池と電気の流れ方が異なる為、太陽電池モジュールの一部に影ができても影による出力低下は一部に留ることができます。

Q

寒い冬は発電しないんじゃないの?

A

燃えさかる太陽の光を浴び発電する太陽電池。暑いほど発電しそうなイメージですが、実は太陽電池は熱に弱いのです。冬は雪の影響等もあり、発電量が大きくはありませんが、寒い分、発電効率は高くなります。ちなみに、最も発電する月は5月であることが多いです。

Q

曇り、雨、雪の日でも発電するの?

A

晴天時に比べると発電量は落ちますが、日射量がある限り発電します。太陽光パネルに雪が積もると日射が遮られ発電ができなくなりますが、雪が溶けて日射が太陽光パネルに届くようになれば発電が再開されます。

Q

kW(キロワット)とkWh(キロワットアワー)の違いって?

A

kW(キロワット):電力を表す単位。瞬間の電気の大きさを示します。
kWh(キロワットアワー):一定の時間における電力の総量を示す単位。「電力量」とも表現されます。

Q

太陽光パネルに積雪があるとどうなるの?

A

一定の積雪があると日射が遮られ発電ができなくなります。また融雪が進み太陽光がパネルに届くようになると発電が再開されます。

設置・環境について

Q

設置に適した方角と角度は?

A

太陽光発電システムは、日本では南面に傾斜約30度で設置したときに年間を通しての発電量が大きくなると言われています。日射量が最も多い南面への設置が理想的ですが、東面と西面も設置は可能です。

Q

設置工事で屋根に穴を空けると聞いたことがあります。将来的に雨漏りが心配!

A

パネルを取り付けるための金具を屋根の垂木にしっかり固定することが安心安全につながると考えておりますので、屋根材に穴を空ける工法も採用しております。ただしこの場合でも金具防水シートや耐候性・耐熱性に優れたシリコン系シーリング材などを使用し、幾重もの防水処理を施します。(スレート屋根であれば4重防水処理)
また設計から施工までを、弊社独自の資格試験に合格した認定技術者が担当します。だから安心感が違います!

Q

太陽光パネルを設置したいけど、あんなに重そうな物を何枚も屋根の上に乗せても大丈夫?

A

確かにシステム全体の総重量は500kgを超える事もある太陽光発電システムですが、分散されて屋根に荷重がかかる為、それほど大きな負担はありません。弊社の一般的な住宅用システムでは1㎡あたり20kg弱程度の荷重がかかります(参考値)。

Q

工事期間はどのくらいかかるの?

A

住宅用システムにおいては1日~2日程度で終了しますが、足場の設置と解体で前後1~2日が必要となる可能性がございます。また、後日電力会社との系統連系がありますが、それも30分~1時間程度で終了いたします。詳細は販売店にご確認ください。

Q

畑に太陽光発電システムを設置してもいいの?

A

現地の状況にもよりますが設置が可能です。ただし地目の変更が必要となる場合があります。地目変更は、地元の農業委員会経由で都道府県知事に用途変更申請手続きをする必要があります。

Q

何mまでの建物に設置できるの?

A

住宅用の太陽光発電システムにおいては、傾斜のある屋根であれば概ね10m程度の高さ(3階建)までは対応いたしております。なお、高さ60m以上の建物は耐風対策のため産業用太陽光発電システムにおいても設置を見合わせております。

Q

設置にはどの程度の広さが必要?

A

設置場所の環境にもよりますが、目安として1kWシステムを設置するのに傾斜屋根では約10㎡以上、野立てや陸屋根では20㎡以上の広さが必要とお考えください。

Q

マンションのベランダや敷地内に設置できるの?

A

一般的に事前に管理組合またはオーナー様の了承が必要となります。また、設置の可否については販売店担当者が現地確認の上、判断させて頂きます。

Q

火山噴火は大丈夫?

A

火山弾が太陽光パネルに落下すると、パネル表面のガラスが破損することがあります。また火山灰がパネル上に堆積すると、日射を遮ることから発電量の低下の懸念があります。なお堆積した火山灰は、販売店に依頼して水道水で洗い流すことをお勧めします。

製品について

Q

設置後、長く使う太陽光発電。決して安い買い物でもないし、保証内容が気になる!

A

当社所定のシステム機器で構成される太陽光発電システムをご購入されたお客様のために、長期に渡って安心が続く保証制度をご用意しています。ソーラーフロンティア製のCIS太陽電池は、20年間標準で出力を保証。また、システム機器については、手軽に利用できる「10年保証」に加え、より長く幅広い保証内容の「15年ワイド保証」をご用意しました。詳しくは「ソーラーフロンティア太陽光発電システム システム機器保証申込書」の保証規定をご確認ください。

当社製のCIS太陽電池ご購入で、20年間標準で保証。

出力20年保証(無償)※2※3

保証内容

太陽電池モジュールの出力が公称最大出力の公差範囲内の最小許容値(公称最大出力の95%※4)に対して保証開始日から10年で10%以上低下した場合、または、保証開始日から20年で20%以上低下した場合、太陽電池モジュールの追加、修理または交換を行います。

機器保証

当社所定のシステム機器で構成される太陽光発電システムをご購入された場合、システム機器も保証。「15年ワイド保証」または「10年保証」のどちらかのプランをお選びください。

15年ワイド保証(有償)※1※2※3※5※6※7※8※9

保証内容

当社所定のシステム機器で構成される太陽光発電システムをご購入の上、パワーコンディショナの定格出力合計値に応じた保証料をお支払いいただくと、保証対象となる機器に製造上の不具合が発見された場合、保証開始日から15年間、該当機器の修理または交換を行います。

10年保証(無償)※1※2※3※7※8※10

保証内容

当社所定のシステム機器で構成される太陽光発電システムをご購入いただくと、保証対象となる機器に製造上の不具合が発見された場合、保証開始日から10年間、該当機器の修理または交換を行います。

  • 1 お申込み後のプラン変更および15年ワイド保証の保証料金の払い戻しはお受けできませんのでご了承ください。
  • 2 安全にご使用いただくために、定期点検をお受けください。使用開始日から1年後の点検は特に重要です。以後は4年に1度以上の頻度での定期点検を推奨いたします。
  • 3 詳しくは「ソーラーフロンティア太陽光発電システム システム機器保証申込書」の保証規定をご確認ください。
  • 4 ソーラーフロンティアが2012年以降に製造・販売するCIS太陽電池モジュールが対象です。詳しくは取扱店にお問い合わせください。
  • 5 15年ワイド保証の保証対象は太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、昇圧ユニット、架台、ケーブルとなります。詳しくは取扱店にご確認ください。
  • 6 設置容量50kW未満の太陽光発電システムが対象となります。
  • 8 システム機器の機器保証期間終了後、太陽電池モジュール出力の保証期間残存中において、システム機器に故障が生じた場合には、お客様のご負担でシステム機器の交換・修理を行っていただきます。
  • 9 パワーコンディショナ収納箱類に入れて設置されたパワーコンディショナは、15年ワイド保証の対象外となります。
  • 10 10年保証の保証対象は太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、昇圧ユニット、接続箱、架台に限ります。詳しくは取扱店にご確認ください。

Q

耐久年数はどれくらいあるのか心配!

A

一般的に、太陽光パネルは20年以上、周辺機器は約10年程度と言われています。
ソーラーフロンティアのCIS太陽電池なら、標準で出力20年保証があるので安心です。

Q

落雪対策はしているの? 雪害の注意喚起

A

軒先部への雪止め金具の設置や、落雪した場合でも安全性が確保されるセーフティーゾーン(落雪飛距離に対する十分な堆雪スペース)の確保によって落雪対策を行っております。ただし、太陽電池パネルの上に積もった雪は非常に滑りやすくなる場合があり、雪止め金具を設置しても完全に落雪を防止できるものではありません。落雪により人や物に損傷を与えるおそれがないか、周辺環境には十分にご配慮頂き、詳しい設置方法については代理店・販売店にご確認・ご相談ください。

【太陽電池モジュールからの落雪に関するご参考資料】

・太陽光発電協会: 【注意喚起】太陽電池パネルからの落雪事故防止について(平成26年12月19日)

Q

雹(ヒョウ)に対しては大丈夫?

A

太陽電池パネルは、カバーガラスに強化ガラスを使用しております。JET認証の資格試験の一環で降雹試験(直径25mm 7.53gの雹を風速23m/sで衝突)で合格しています。

Q

ソーラーフロンティアの黒い太陽光パネル。他の会社と何が違うの?

A

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は次世代太陽電池と言われており、当社が独自に開発した日本初の優れた技術をベースに、日本の宮崎県の自社工場で生産される純国産の太陽電池です。
太陽電池の設置容量に対する実発電量が高い事が一番の特徴です。

詳しくはこちらをご覧ください。

導入について

Q

車でもそうだけど、購入後のメンテナンスって大事ですよね。太陽光発電はメンテナンス不要なの?

A

ほとんど必要ありませんが、長期間、安全・快適に太陽光発電システムをご利用いただけるよう、設置後1年以降も、4年に1度以上の頻度での定期点検を推奨しています。また、日頃から発電量をこまめに確認することで、太陽光発電システムに不具合等が発生した場合、早めに発見できます。万一、機器に不具合の症状が出た場合も迅速に対応いたしますのでご安心ください。

Q

何年くらいで元がとれるの?

A

一般に10~20年程で元がとれるといわれていますが、設置時期、設置容量、設置条件やライフスタイルなどによって個人差があります。

Q

補助金制度について教えて!

A

2021年度の再生可能エネルギーの買取価格は、住宅用10kW未満の場合で19円/kWhとなり、買取期間は10年間となります。

Q

固定価格買取制度(FIT)とはどのような制度?

A

再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。電力会社が買い取る費用の一部は、電気をご利用の皆様から賦課金という形で集められています。

Q

太陽光発電による固定価格買取制度(FIT)による買取価格はいくら?

A

2021年度の再生可能エネルギーの買取価格は、住宅用10kW未満の場合で19円/kWhとなり、買取期間は10年間となります。

Q

初期費用はどのくらいかかるの?

A

設置には、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、ケーブル、架台などが必要です。また、電気・設置工事費などの費用もかかります。これらをトータルした費用は、設置条件、屋根材の種類や形状、設置面積などにより千差万別。当社は、代理店を通じてお客様に販売しておりますので、価格に関するご相談は、直接代理店にお問合せください。

Q

お見積りから導入までの流れが知りたい!

A

プランの作成から発電開始まで、わかりやすく、ていねいにフルサポート。

詳しくはこちらをご覧ください。

定期点検について

Q

定期的な点検は必要?

A

安心安全の為、1,5,9(,13)年次(または1年目以降4年に1度以上の頻度)の定期点検を推奨します。
特に、1年目の定期点検はシステムの安全性確認のために重要です。

Q

住宅用太陽光発電システム以外の点検は対応可能?

A

対応いたします。点検内容は、当社指定の標準点検項目と異なる場合がありますので、販売店より連絡をいたしますので、ご相談願います。

Q

点検時間はどれくらい?

A

当社が定める標準点検項目であれば、60~90分程度です。屋根上の点検を希望される場合は販売店に費用と時間をご確認ください。

Q

点検費用はソーラーフロンティアのホームページに掲載されている金額で、決まっているの?

A

ホームページに掲載した金額は目安金額です。屋根の形状や、高さ、設置面数によって異なりますので、販売店と別途ご相談願います。

Q

購入した会社が不明ですが、点検は対応してもらえるの?

A

購入した会社がお分かりにならなくても、当社より当社指定の点検サービス店をご紹介いたします。

Q

点検費用はだれに支払えばよいの?

A

点検を実施した点検実施店に直接お支払願います。支払い方法については点検実施店にご確認ください。

Q

修理が必要な場合、どうすればよい?

A

点検実施店より見積を提出しますので、取扱店とご相談願います。

Q

全国対応は可能?

A

全国対応ですが、沖縄については調整中です。また、離島は対応できません。

Q

点検はどのタイミングがよい?

A

使用開始日から1年後、以後は4年に1度以上の頻度での定期点検を推奨しております。

Q

保証対象機器を新たに購入し、増設または既設の機器と交換した場合、新しい機器の保証期間はどうなるの?

A

当該機器の使用開始日を起算日とする標準保証が適用されます。

Q

保証期間中に無償交換したパワーコンディショナについての保証はどうなるの?また、どの時点から何年保証が適用になるの?

A

保証書に基づく無償修理または代替品との交換等を受けた場合でも、保証期間は保証書に記載の期間に限ります。
修理・交換時を起算日とする保証期間の延長はなされません。

その他

Q

「電圧上昇抑制」とは何ですか?

A

宅内配線や住宅に電力を供給するための経路や設備などの状況により、需要者側から電力系統側に送り出す電力が制限され、太陽光発電システムからの売り電力が少なくなる可能性があります。このような状況が頻繁に発生する場合は、電力系統側での対策が必要であるため、販売店または電力会社にご相談ください。

蓄電システムについて

Q

蓄電池って何?

A

蓄電池とは、電気を蓄える機能を持った装置のことです。災害時などの緊急用電源としてだけでなく、節電や省エネに関する意識の高まりから、注目を集めています

Q

蓄電システム設置のメリットは?

A

①停電時に電気を使うことができるため、太陽光発電システム単独より、安心・安全性が高まります。
②太陽光電池で生み出した電気を最大限活用でき、地球にやさしい生活ができます。
③日中や夜間に充放電を行うことで、太陽光発電システム単独よりも経済性を高めることができます。

Q

蓄電システムは補助金制度が利用できるの?

A

お住まいの地域によっては、太陽光発電システム設置時に自治体の補助金を受けられる場合がございます。最新の情報は販売店、または各自治体へお問い合わせください。

Q

蓄電池は太陽光発電システムがないと使えないの?

A

太陽光発電システムとセットで提案されることの多い蓄電池ですが、太陽光発電がなくても蓄電池単体で使うことも可能です。

Q

太陽光発電システムを設置しています。蓄電システムを追加設置することはできるの?どのような機器構成にるのですか?

A

追加で設置することが可能です。お客様のシステム構成を確認させて頂いたうえでご提案いたしますので、販売店にご相談ください。

Q

停電時、太陽光発電からの余剰分の充電は可能?

A

太陽光で発電した電気は、専用配線に接続された家電機器に使用し、それ以上の余剰分は蓄電池に充電できます。

Q

深夜に充電して昼間に売電できますか?家電機器類に放電しながら売電できますか?

A

蓄電された電気を売電することは、制度上できません。

Q

10kW超の太陽光発電システムを設置していて、低圧連系です。蓄電システムは設置できますか?

A

余剰買取契約であれば設置可能です。全量買取契約の場合、負荷である蓄電システムを接続することは制度上認められておらず、設置できません。

Q

ソーラーフロンティアの製品を採用するメリットは?

A

ソーラーフロンティア製CIS太陽電池は、まず何よりも実発電量の多さが魅力です。 新潟雪国型メガソーラーをはじめ、多くの地域で標準発電量を上回る発電実績を記録しています。
また、モジュール開発・製造からメガソーラーの開発・運用管理まで、技術面での運用支援を行う事が可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。
Q

産業用のシステムでも、モジュールの出力保証は適用されますか?

A

産業用案件であっても、お引渡日(系統連系日)から20年間もしくは25年間の太陽電池モジュール出力保証が適用され、長期に安心してお使いいただけます。

Q

産業用システムの設置実績を紹介してほしい。

A

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムは、高性能・耐久性が求められる公共・産業用システムからメガソーラーまで国内外問わず全世界で役立っています。

詳しくはこちらをご覧ください。
Q

固定価格買取制度(FIT)とはどのような制度?

A

再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。電力会社が買い取る費用の一部は、電気をご利用の皆様から賦課金という形で集められています。

Q

太陽光発電による固定価格買取制度(FIT)による買取価格はいくら?

A
250kW以上
(入札制度適用区分)
50kW以上250kW未満 10kW以上50kW未満 10kW未満
2021年度 入札制度により決定 11円+税 12円+税 19円+税
2022年度 入札制度により決定 10円+税 11円+税 17円+税
期間 20年間 10年間

詳細は資源エネルギー庁ホームページにてご確認ください。

https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/fit_kakaku.html
Q

ソーラーフロンティアってどんな会社?

A

ソーラーフロンティア製CIS太陽電池は、まず何よりも実発電量の多さが魅力です。新潟雪国型メガソーラーをはじめ、多くの地域で標準発電量を上回る発電実績を記録しています。
また、モジュール開発・製造からメガソーラーの開発・運用管理まで、技術面での運用支援を行う事が可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。
Q

ソーラーフロンティアの黒い太陽光パネル。他の会社と何が違うの?

A

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は次世代太陽電池と言われており、当社が独自に開発した日本初の優れた技術をベースに、日本の宮崎県の自社工場で生産される純国産の太陽電池です。太陽電池の設置容量に対する実発電量が高い事が一番の特徴です。
産業用案件であっても、CIS薄膜太陽電池ならお引渡日(系統連系日)から20年間太陽電池モジュール出力保証が適用され、長期に安心してお使いいただけます。

Q

ソーラーフロンティアの代理店として太陽光発電システムを取り扱いたい。施工店・仲介店としてパートナーになりたい。

A

こちらのパートナーお申込みフォームよりお問い合わせください。 ご入力内容を確認の上、弊社担当者よりご連絡さし上げます。