私たちについて
法人のお客様
個人のお客様
製品情報
企業情報
お問い合わせ

Disaster preparedness
災害時の備え

太陽光発電&蓄電システムでワンランク上の安心感を

Top

災害時の備え

災害時の停電対策

災害を受けやすい国土

日本は、全国土の約7割を山地・丘陵地が占めており、世界の主要河川と比べ、河口からの距離が短く、急勾配であるため、降った雨は山から海へと一気に流下します。このような国土条件において、梅雨や台風により大雨が降ることで、洪水や土砂災害がたびたび発生しています。
また、地震、火山活動が活発な環太平洋変動帯に位置しており、国土面積は世界の0.25%という大きさながら、地震の発生回数は、世界の18.5%と極めて高い割合を占めています。

地球温暖化

気象庁によると、世界の年平均気温は19世紀後半以降100年当たり0.74℃の割合で上昇しているのに対し、日本の年平均気温については100年当たり1.24℃と、世界平均を上回るペースで気温が上昇しています。
地球温暖化による海面や水温の上昇により、渇水や豪雨のリスクがいずれも上昇すると言われています。

毎年発生する自然災害

2000年以降の自然災害を見ると、2004年の台風被害や、東日本大震災等の地震災害、令和元年房総半島台風や令和元年東日本台風に伴う洪水・土砂災害等、毎年、多くの自然災害が発生してきました。

停電被害

停電被害 停電被害

避難所生活のストレス

避難所生活のストレス 避難所生活のストレス

太陽光発電+蓄電システムなら停電時でも安心!

繰り返し充電できるから、長時間の停電にも対応できる

太陽光発電と蓄電システムを組み合わせると、いいとこ取りで安心感が大幅アップ!
平常時は、太陽光発電の電気を蓄電システムでしっかり有効活用。
電気の自家消費でエコロジー&エコノミー。
万が一の停電時には、日中は太陽光の電気、夜間は蓄電池の電気で、家庭内の特定の家電が長時間使用可能になります。
蓄電池が空になっても、日中太陽光で充電できるから、長時間の停電にも対応できる機能を備えており非常時でも安心です。

つくった電気をかしこく使う 蓄電システム

平常時は電気代を削減できる

平常時は電気代を削減できる

太陽光発電で家庭内の電気がまかなえて、蓄電池
も充電できます。さらに余った電気は売電できます。

平常時は電気代を削減できる つかう

蓄電池の電気で家庭内の電気がまかなえます。
使い切ったら深夜の安い電気で充電します。

停電時でも、家電を使うことができて安心!

停電時でも、家電を使うことができて安心!

太陽光発電があれば、停電時に家電を使いながら、
蓄電池にも充電できます。
(※機器により異なる場合があります。)

停電時でも、家電を使うことができて安心! つかう

蓄電池の電気で家庭内の電気がまかなえます。
使い切ったら深夜の安い電気で充電します。

停電時に使用できる家電・時間の目安

冷蔵庫 テレビ 照明 スマートフォン充電
6.5kWhの場合

6.5kWhの場合

停電時連続

約19時間 使用可能

9.8kWhの場合

9.8kWhの場合

停電時連続

約29時間 使用可能

16.4kWhの場合

16.4kWhの場合

停電時連続

約45時間 使用可能

※280W、初期状態の場合。各家電の消費電力量で異なるため、動作時間を保証するものではありません。

Contact us お問い合わせ

よくあるご質問はこちら

電話でのお問い合わせ

お客様サービスセンター 通話無料

受付時間9:00 ~ 17:30(年末年始を除く)

0120-55-8983

Webでのお問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、カタログ請求、
技術的な質問、その他のお問い合わせなど

お問い合わせフォームへ